講師紹介

きのこの生理特性総論
東京農業大学 地域環境科学部 森林総合科学科 教授
江口 文陽
 専門は林産化学、きのこ学などである。東京農業大学「食と農」の博物館館長としてきのこを含む食品や農林水産資源の情報を国内外に発信している。本講座を受講して天然物の可能性を感じてください。

経営学
元信州大学経営大学院 特任教授
大野 雄三
 「企業は人也」企業経営の本質は何でしょうか??私は、市場やお客に受け入れられる「価値創り」活動だと思います。そしてその価値創りができるのは人、「人間力」であります。お金や設備などは道具にすぎません。皆さん「人間力」を鍛えましょう!!

食生活論
長野女子短期大学 生活科学科 食物栄養専攻 教授
風間 悦子
 食生活の現状を理解し、望ましいあり方を学び、豊かな人間性を育む、食育の基本を身に付けましょう。きのこのおいしさは、種類によって異なりますね。それぞれの味や香り、歯ざわりを楽しむ調理方法を習得しましょう。

おもてなしとプレゼンテーション
社員教育インストラクター
杉本 文江
 健康食材で注目のきのこ!きのこの生態を学ぶとそのしたたかさと魅力に驚かされます!きのこの効用とおいしさをマイスターとなってあなたの大切な人に伝えてみませんか?

エノキ氷インストラクター養成
管理栄養士
塩入 公子
 エノキ氷を中心に、きのこの栄養性を生かしながら、日常の料理の中に上手に組み込んだ、美味しい食べ方を習得いたしましょう。健康長寿への大事な条件のひとつに、習慣的にきのこ(エノキ氷など)を摂取することが含まれます。エノキ氷インストラクターとして活躍できるノウハウを身につけて、地域での活躍を期待します。

ソムリエからのメッセージ
株式会社高野総本店 代表取締役
高野 豊
 企画を提案したり、産地や農産物を紹介する場合、真面目で正確なだけでは、十分に伝えることが出来ません。聞く人の気持ちを察知した心に響くプレゼンテーションが必要です。接客のプロであるソムリエの技を、皆様に伝授いたします。

栄養学総論
(公社)長野県栄養士会 会長
園原 規子
 きのこの種類が異なれば、含まれる栄養素は違いますが、どんなきのこも“低カロリー”で見た目のボリュームを出しつつ、エネルギー量を減らすことができる食材としても重宝です。きのこのおいしさは旨み。いろいろな料理によく合います。毎日の食事にたっぷりととり入れて生活習慣病予防に役立てましょう。

栽培現地研修
竹内きのこ園代表 JA中野市種菌センター 新種きのこアドバイザー
竹内 秀治
 きのこの人工栽培の現地研修を担当しています。信州の自然豊かな中で、きのこの不思議、面白さ、きのこの美味しさを私と一緒に皆さんも一度体験してみませんか。お待ちしています。

きのこの加工概論
(一社)長野県農村工業研究所 農業開発研究部 部長
竹内 正彦
 「きのこ加工概論」を担当しております。きのこの加工、調理のコツ、新製品情報等を発信し、きのこの利用法、可能性ならびにきのこを食することの楽しさを広めていきましょう。

きのこの流通・販売
全農長野県本部 中信事業所次長
中田 広彦
 自家栽培等の調達手段を除き、どんな食材でも、「流通」というプロセスを経なければ皆さんの食卓に上ることはありません。流通を通じて、多種多様なきのこを楽しむことが出来る食卓の背景を一緒に見ていきましょう。

リーダーシップ論
松本大学 総合経営学部観光ホスピタリティ学科 准教授
中澤 朋代
 きのこ食の普及に向け、コミュニケーションが多様な現代に「つながる」「促す」をキーワードにしたリーダーシップ講座を担当しています。小さな地域が世界に発信できる時代、知恵を出し合いましょう。

きのこの流通・販売
前全農長野県本部審議役
中村 敬一
 店頭に並ぶ各種きのこ。何気なく手にするそのきのこの背景には、産地から消費地へと運ばれる流通の様々な事情や、またきのこを栽培する生産者の想いがある。そんなことを理解することも、きのこのファンであるマイスターには必要なのです。

きのこ生産の歴史
元長野県野菜花き試験場 菌茸部長
中村 公義
 私たちは立派に育ったおいしいきのこを1年中食べられます。今日に至るまでには先人の試行錯誤や努力の歴史がありました。きのこ生産の歩みをたどり、興味深いエピソードにふれてみませんか。

栄養学各論
松本大学大学院 健康科学研究科 教授
廣田 直子
 「きのこ」は、スーパーマーケットなどでは野菜類の棚に並んでいますし、食材としての使われ方も似ていますが、栄養学的には異なった特徴を持っています。うま味成分が多く、多様な料理にアレンジ可能な食事の名脇役「きのこ」について、栄養学の視点から考えてみましょう。

きのこの種類と見分け方
前(一社)長野県農村工業研究所 常務理事・所長
西澤 賢一
 「きのこの種類と見分け方」を担当しています。きのこは知れば知るほど奥が深くて引き込まれ、私も未だ「迷い道」うろうろです。きのこの魅力を皆さんと一緒に勉強していければと思います。

野生きのこの魅力
千葉県立中央博物館 主任上席研究員
吹春 俊光
 野生きのこを担当します。きのこマイスターの資格をもつ佐藤幸治さんと「マイコフィリア」を、昨年一緒に翻訳・出版しました。野生きのこの魅力と奥深さが、あますところなく紹介されています。いっしょに勉強していきましょう。

きのこの遺伝・育種
信州大学学術研究院(農学系)教授
福田 正樹
 美味しく機能性にも優れた食用きのこは、利用価値の高い食材です。きのこに関する総合的な知識を身に付けたきのこマイスターの皆さんを通じて、より多くの人にきのこ食の素晴らしさなどが伝わることを望んでいます。

きのこの生理特性各論
きのこの新製品開発の基礎(演習)
信州大学工学部 物質化学科 特任教授
松澤 恒友
 エノキタケ、ブナシメジをはじめシイタケなど品目別の機能性ときのこ新商品開発・マーケティング戦略の演習を担当しています。
 食品関係への就職を目指している学生の皆さん、「きのこマイスター」を資格の一つに是非加えて下さい。

きのこの生産方法ときのこの一生
長野県林業総合センター特産部 研究員
増野 和彦
 きのこ栽培には、原木栽培、菌床栽培、殺菌原木栽培など様々な方法があります。多様な方法を学ぶことを通して、菌類である「きのこ」そのものへの興味を醸成して下さい。

きのこの生理・生態
信州大学学術研究院(農学系)准教授
山田 明義
 野生のきのこをよく探すと,春夏秋冬,様々な場所でその顔を見ることができます.自然界でのきのこの移ろいや生活様式を知る事で,きのこが一層身近な生き物になり,愛着も湧くことと思います。

栄養学
女子栄養大学 栄養学部 専任講師
宮澤 紀子
 毎日の食事は、皆さんのからだを作り、明るく力強く生きる気持ちの源になります。
 健康の維持増進に役立つ優れた食品機能をもつきのこの魅力を食の視点からお伝えします。

きのこツーリズム論
松本大学 観光ホスピタリティ学科 教授
山根 宏文
 旅行会社在職中250回海外渡航をしました。欧州ではよくキノコ料理を食べましたが、その度に自然や季節やヘルシーさを森の恵みから感じ、日本でももっと活かしたらいいのにと思ったものでした。これから楽しみです。

きのこの栽培技術論
京都菌類研究所 所長
山中 勝次
 きのこは、限りなく不思議な生物ですが、健康でおいしい食材としての地位を確立しました。受講者の皆さんには、きのこに関わるあらゆる知識を学んでいただき、生活や仕事や研究に活かしていただきたいと願っています。